白エビ | エビの種類とおいしい食べ方

富山の名産、白エビ(シラエビ)。北陸外に流通することは少ないので、直接目にしたことが無い方も多いかもしれません。

唯一漁場をもつ富山県では、一般に「白えび(シロエビ)」と呼ばれ、沿岸地域では「ヒラタエビ」と呼ぶこともある。

1996年に「富山県のさかな」として、ブリ、ホタルイカと並んで指定されている。

引用:Wikipedia

正式な読み方は「シラエビ」ですが、富山では「シロエビ」と呼ばれることもあります。

富山県の魚に指定されるほど、県内ではメジャーな食べ物です。

標準和名の「シロエビ」はクルマエビ科の一種Metapenaeopsis lataに充てられていて、エビの分類上でも全く別系統の種類を指す。

引用:Wikipedia

うーん。シロエビやらシラエビやら、ちょっと呼び名がややこしめの「白エビ」ではありますが、味は絶品。甘味が強く、一度食べたら病みつきになること間違いなしです。

他の地域では、あまり知名度はありませんが、北陸に行った際には、ぜひ食べていただきたい逸品です。

白エビレシピ

大きさは、体長約40mmとエビ界では最小サイズで、様々な料理に活用できます。

素揚げに塩をふっただけの唐揚げ、かき揚げなどの揚げ物。生でもおいしくいただけるので、複数尾をまとめてお寿司にするのもよいですね。

おすすめ調理法
素揚げ
かき揚げ
お寿司