車エビ | エビの種類とおいしい食べ方

エビの中でも、高級品に分類される車エビ。高級エビの代名詞である、伊勢エビに次いで高級なエビです。

お腹を丸めたときに、しま模様が車の車輪に見えるということから、日本では車エビと呼ばれています。

流通されている内の7割は養殖で、養殖でも1尾300円以上の価格がついています。旨味と甘みに優れ、刺身はほどよい柔らかさ、熱を通すと弾力感が楽しめます。

かつては多くの近縁種と共に Penaeus 属に分類されたため、学名を Penaeus japonicus として記載した文献や図鑑も多い。研究が進んだ結果クルマエビ科の分類は細分化され、Penaeus はウシエビ、クマエビなどに限定された「ウシエビ属」となり、クルマエビの属名には Marsupenaeus が充てられた。

引用:Wikipedia

車エビとよく似ていることから、代用品として使われることが多い、ブラックタイガー(ウシエビ)も近縁種になっていますね。

車エビのレシピ

車エビの体長は約15cm。メスの方が大きく、中には30cmまで成長することもあります。1尾でも存在感がある車エビは、刺身はもちろん、メインディッシュとして使えば食卓が華やかになります。

素材の味を最大限に活かせる、刺身もよいですが、熱を加えると弾力と旨味が増すため、塩焼きなどの料理でいただくのもおすすめです。

おすすめ調理法
刺身
塩焼き