エビ好きエビ子さん(実在)にインタビューしました!

こんにちは。エビサイトをオープンさせるほど、エビ好きと自負している管理人です。

しかし!!世の中とは広いもの。管理人と同等、いや、それ以上のエビ好きさんがなんと国内にいらっしゃいました。

その名もエビ子さん(仮名)。40代女性、兵庫県在住の方です。

出会いはTwitter。

エビ関連ばかり投稿しているエビ子さんを見つけ「絶対エビ友になれる!」と確信しメッセージを送ったことがきっかけとなり、すっかり意気投合してしまいました。

それぞれ飛行機と新幹線で長距離移動の上、今回やっと直接お顔を拝見してのインタビューが叶い、その一部を全国のエビファンにお届けしたいと思い記事にしました。笑

しかしまぁ、エビ子さんとお話をすると、自分のエビ好きなんてとてもちっぽけなものに感じてしまうくらいのレベルでした。

エビ子さんは優しいので「エビ好きにも色々な方向性があるのよ」と言ってくれそうですが…。

とにかく、エビ子さんのインパクト(失礼)とエビ愛が素晴らしかったので、敬意をもってご紹介させていただきたいと思います。

エビ子さんインタビュー

エビ子さん
エビ祭をご覧のみなさま、こんにちは!エビ子です。
エビ好きの人に悪い人はいないと、漁協の人が言っていた通り、人の良さがにじみ出ているエビ子さんです。色々気になったので早速質問してみました。
管理人
単刀直入にお聞きします。エビのどこに魅力を感じているのですか?
エビ子さん
エビ好きに理由などない。
管理人
…(なんも言えねえ。)
管理人
では、いつからエビ好きなんですか?
エビ子さん
うーん、ものごころついたときから。
管理人
生粋のエビっ子ですね。
エビ子さん
でも幼少期はエビフライのエビくらいしか知らなかったから、大人になって色々なエビ料理を食べるようになってから開眼したと言っても過言ではないわね。
管理人
な、なるほど、開眼ですか。次に、エビ子さんのエビ好きエピソードを教えてください!
エビ子さん
小さいころ、夕食がミックスフライだった日は、エビフライばかり食べて怒られたり。
エビ子さん
親戚の集まりでお寿司が出たとき、エビの握りを全部もらってきて、上のエビだけ食べてたり。
エビ子さん
洋食屋におけるエビフライの地位の低さを憂いていたり。
エビ子さん
とんかつ屋さんなのに、エビフライ定食を頼んだり。
管理人
エビ愛に溢れていますね。
エビ子さん
エビの尻尾を残すのは論外。有頭エビなら頭もトライ。ひと欠片も無駄になんてできない!
管理人
あ、それはわかります!体にもいいですからね!
エビ子さん
あと、かっぱえびせんが好きすぎて、支援のためにカルビーの株を保有しています。
管理人
それはわかりません。本気だ。
エビ子さん
そうそう、職場では「チームエビ」を結成して、金曜日にエビフライを食べるエビフライデーランチや持ち寄りエビづくしパーティーを開催しています。
管理人
「チームエビ」ですか!楽しそう!エビづくしパーティーとは言え、さすがにエビだけではないですよね?
エビ子さん
エビだけですけど。
管理人
え。
エビ子さん
一度だけチーム外の方が参加したんですが、2度と顔を出さなくなりましたね。
管理人
でしょうね。
エビ子さん
あと、最近はエビ専門のバルやエビ天を手軽に食べられるチェーン店などが出てきて、やっと時代がエビに追い付いてきたなって感じてます。
管理人
エビが時代をリードしていたと。なるほど、恐れ入りました。
このように、エビエピソードもなかなかのものをお持ちのエビ子さん。日課はコンビニやスーパーのエビパトロールということ。(※エビパトロールとは、エビ関連の新商品がないかをチェックして回ることなようです)

エビパトの末に購入した新商品に関する評価も欠かしません。エビ子さんの評価には「おいしい」とか「安い」だけではなく、「エビ度」という別の軸があるようです。まさに、エビに選ばれし存在。恐るべし、エビ子さん。

感想

エビ子半端ないって!!お気に入りのエビ料理の写真、まとめて動画にして一人で見て喜んでるもん…そんなんできひんやん普通…。

そして、出るわ出るわ、強烈エピソード。やぁー、自分がエビ好きを語るなんて、恥ずかしさすら感じてしまいます!

こんなに尖ったエビソードばかりではありますが、実はエビ子さんはとっても穏やかで、小柄で可愛くて、ふわふわした雰囲気の女性なんです。そのギャップがまた、すごい。

きっと今日もエビ子さんは一人、エビパトに勤しんでいることでしょう。笑