エビカニクスは子どもに大人気!ダンスやエアロビクスにも

エビにまつわる歌の一つとして有名(?)なエビカニクス。

♪エビバリーエビカニビクスでエビカニビクスでエビカニビクスで踊っちゃお♪

メロディーと個性的な歌詞。一度耳にしたら離れない、エビ好きさん必見のエビソング「エビカニクス」について掘り下げてみようと思います。

エビカニクスは誰が歌っている?

エビカニクスを歌っているのは、女性二人組ユニットのケロポンズさん。どんな方たちかというと、

1999年結成、増田裕子(ケロ)と平田明子(ポン)からなるミュージック・ユニット。子ども向けの歌の作詞、作曲、振付を手掛け、親子コンサートや、保育士・幼稚園の先生を対象にした保育セミナーなどに出演する。代表作「エビカニクス」は、保育園や幼稚園で大人気の定番体操曲、YouTube動画再生回数は1,500万回を超える。(2016年9月)

引用元 http://kaeruchan.net/keropons/

ケロさんとポンさんなんですね。どうやら作詞作曲はケロさんのようです。

幼稚園や保育園で大人気の定番体操曲ということで、耳なじみのよいメロディーです。お二人とも幼児教育の現場経験があるそうです。

こんなノリノリの楽しい曲。子どもに大人気の理由がわかりますね。

エビカニクスの歌詞は?どんな歌?

気になる歌詞の内容です。基本的には、エビ!カニ!の繰り返しの、エビ好きにとってとってもテンションがあがる歌詞です。

エブリバディエビカニクスでエビカニクスでエビカニクスで踊っちゃお

エビもカニも甲殻類
みためはちょっぴりグロテスク

にっぽんじんなら大好きさ
ほら、むきむきぷりぷり踊ろう

甲殻類。グロテスク。そうきましたか。

続いて2番の歌詞の歌詞は、

エビはやっぱりエビフライ
カニはやっぱりゆでガニね

もちろん生でもいけるのよ
ほら、食べだしたなら止まらない

エビフライもおいしいけれど、素揚げもいいよね!止まらない。わかります。

調べてみると、ケロポンズさんは他にも曲を出しているみたいですが、残念ながらエビ関連の曲は見つけられませんでした。

一度聞いたら耳から離れないエビカニクス。まだ動画を見たことのない人は、ぜひご覧ください。ついつい口ずさんでしまう中毒性はかなり強め。

日本語バージョン以外にも、英語、中国語、スペイン語があります。ちなみに、英語版は「エビ!カニ!」のところがちゃんと「shrimp!crab!」となっていました。

ダンスはかなり個性的

振り付けは4種類の動きを繰り返すので、小さい子でも踊ることができます。

エビのところでは丸まってエビの体の形を、カニのところでは手をハサミにしてカニを表します。エビとカニを交互に、そして次第に動きが早くなります。

エアロビクスっぽい動きなので、ダイエットにもぴったりですね!